好条件の病院に転職するためには

好条件の病院に転職するためのコツは、
求人で「好条件」「高給料」をうたっているからといって安易に即決しないこと。
表向きの条件は、「プラス面」だけが強調されています。「高収入」に惹かれて病院を選んだら後悔したという方が半数以上あります。
とくに人間関係のきつい職場にあたり、執拗なうでだめしをされて陰湿ないじめにあったり、過酷な労働条件のため再び体を壊したりして、
せっかく再就職しても数ヶ月持たずに退職を選んでしまう方もいます。
就職支援会社を上手に利用して、「プラス面」だけでなく「マイナス面」に関する情報もたくさん集めてから考える必要があります。

特にはじめて転職する看護師さんの場合自分にとって何が最も大切なのか、自分の願いや必要な条件を整理して書き出してみましょう。
どんなに忙しい職場であっても、「救急医療に関して知識と技術力を高めたい」という理想に燃えている看護師であれば、
現場にいて意欲的に活躍することができるでしょう。
また、家族を大切にしながら、マイペースでゆったりと働きたいと願っている人は、収入額よりも勤務時間や夜勤の有無に関心が高いでしょう。
高度医療技術に惹かれる人もあれば、地域に根ざしたアットホームな病院での看護師を目指す人もいます。
「自分の願いを明確化すること」「必要な条件を突き詰めて考えること」によって、
自分の理想とする現場のイメージや条件をはっきりとさせれば「ベストマッチ」な職場を探すことができます。
自分の願いにあった場所、そこがもっともあなたのワークライフバランスを実現することができる場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です