履歴書は読みやすいものになっていますか?

履歴書を書く上で大切なのは、なんといってもアピール力だと思います。
特に採用される人というのは、何をアピールしたいのかという事をわかりやすく書いている人だといいます。
きっと自分で理解が出来ていない人ほど、誇大広告になりすぎて突っ込まれた時に墓穴を掘ってしまうのかもしれませんね。

読みやすい履歴書というのは、文字が丁寧という事が大前提になります。
下手でもいいのですが、一言一言にきちんとその人の気持ちが映り込んでいる字というのはすぐにわかるものです。
パソコンで履歴書を書くという方も増えているようですが、字に自信がないという方はそれでも構わないかもしてませんね。
パソコンで書く場合は、誤字脱字に注意しましょう。

また、写真は写りが良いものを使うようにしましょう。顔色や髪型は最後まで気を抜かないように。
写真の服装、髪型は面接と同様に清潔感のあるものを心掛ける事が大切です。
最近はプリクラを貼るような人もいるそうですが、これは非常識。絶対にありえません。

志望動機や自己PRは、実際に面接時にも聞かれる事が多々あります。
アピールすべき項目ではありますが、どこの職場でも通用するような模範解答で書く人が少なくありません。
確かにこれを書くのはいいのですが、どの職場にもコピペのように同じ内容を書くのはもちろん御法度です。
その職場が求めているスキル、自分が他人と比べてどういった点が優れているかなどに注目して書くといいようです。
特に看護師は経験が一番の武器になります。
看護スキル意外に検査は何を担当していたか?電子カルテを使っていたか?
上手にアピールする事が出来るのならば、きっとそれだけでも評価は高いんだと思います。

丁寧に、そして受かりたいという思いを込めて書くよう心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です